病気

約13年一緒だった、アイツとのケツ別~プロローグ

投稿日:2021-10-16 更新日:

遂にこの日が来ました

あれは約13年前、出会ってからこんなに長い付き合いになるなんて思ってもいなかった

毎日毎日辛い思い出しかありません

でもこの度別れる事を決意しました

そうその名は「痔瘻」君です

やっと手術することにしました

痔瘻?ジロウと読みます、痔の中の王様です

むしろ痔の分類じゃないと思うんですが・・・

・イボ痔

・キレ痔

などなどありますが痔瘻は穴痔とも言われ


大腸からばい菌が入り込み尻の中に膿が溜まります

この状態を肛門周囲膿瘍と言います

自分ではピンポン玉ぐらいの大きさに感じ

この状態になると高熱が出たりもします痛さもパないです

ホント座れない、車の運転なんてできません

そこで病院に行き膿を出します

膿出しの際わざと傷口の中をメスで切って傷口が上がってくるようにします

膿を出した穴にドレンと言うヤーツをつけて膿みを排出します

一週間ぐらいですかね、膿ができると穴が塞がって瘻管と言うものができます

この第二形態が痔瘻と呼ばれます(多分)

僕はこの処置を13年前に行い、そのままです

確かお医者さんに処置の前に「麻酔打つ?」って聞かれたので「いらないです」と答えました

これが間違いだったんですね

麻酔無しに切開し傷口を切り裂かれるのは想像を絶する痛さでした

僕が生きてきて味わった中で一番痛かったと思います

だって打つか聞くんだもん大丈夫だと思うじゃん

切開途中で悶絶してるとお医者さんが「打ちますか?」と聞かれて

被り気味に「打ちます!!!」と回答

だがこれまた悲劇!メスで切開した部分に麻酔注射!

これまた衝撃の痛さだったのを覚えています

まぁ膿を出した後は楽になり痛みも和らぎます

年に二回ぐらいですかね、痔管の出口あたりがグチュグチュして膿っぽいのができるんです

たまに破裂してズボンが真っ赤に染まる時もあります


痔瘻との付き合いも長くなると「そろそろ腫れてきそうだな」とわかります

そのときは事前に女子用のシートなどをパンツにつけたり

自分で針で刺して排出したりもします

「すぐ病院いけよ!」って思いますよね

でもやっぱり下の病気ってなるべくなら行きたくないですよ

凄い痛かった記憶もありますし

なんなら死ぬまでほっときたいです

そんな僕が手術をする事を決めたのは

ここ半年ぐらいずっと傷口がグチュグチュしてます

看護師のR氏に毎日絆創膏やらガーゼをつけてもらってます

座る所にも気を使って、円座を色々買いましたが

結局、何をやっても無駄、痔瘻って手術でしか直らないんです

もーね、いい加減疲れました

毎日こんなに気にして処置してるなら術後と同じジャンと思ったんです

もーうお前とはさよならだ!俺の尻から出ていけ!

手術は二週間後に決まりました

穴を取る手術をするみたいです

穴を取る???

穴取ったら更に穴あくやん!!!

どーゆ事なんでしょ

レイ・オープン!!!かっけー!

因みに僕が住んでいる地域には痔瘻の手術が有名な病院がありません

年間手術数2回とか、そんな病院に僕の括約筋は任せられません

電車に乗って行きましたが駅に着いた途端

「人身事故の為、運休」・・・一時間ホームで待ってからの出発・・・出だし悪っ

今日は診察と入院の説明、血液、心電図検査

掛かったお金4,700円

手術まであと二週間(*≧pq≦)ワクワクドキドキ

痔瘻手術(複雑)根治への道~前日

ハイっ!

関連記事

Copyright© G-specification , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.