梅雨の時期に大活躍、X2にドアバイザー装着してみた

更新日:

春を感じること無く、気が付けば、もう梅雨

梅雨と言えば、雨、雨、雨、ジメジメジメ、洗車をしても雨、洗車のタイミングが難しい時期です。

皆さんはドアバイザーって装着してますか?

ドアバイザーは皆さん知っている通り、雨の日でも窓をちょっと開けても雨が入ってこないで換気ができ、喫煙者には必須アイテムですね。そんな便利アイテムなら、全員装着するでしょ!と思うかもしれませんが、装着してない人も沢山います、実際僕も過去四台、20年くらい装着してないです

なぜ?

ん~見た目ですかね、輸入車ってのもありまして、特に必要も感じなかったんです

輸入車は装着しないの?

・・・か、どうかは知りませんが、実際対向車のすれ違う車を見てると、国産車は9割以上の車がバイザーを装着していますね、喫煙も非喫煙も関係なしに装着している感じです、フロアマットの様に、当たり前のオプションになってます、一方、輸入車は三割ぐらいしか装着してないイメージです。この理由は良くわかりませんが、バイザーのデメリットとして見た目が悪いと言う説があります、これはディーラーのセールスマンにも「バイザーは、見た目を気にして、あまり装着されるお客様はいません」と、言われます、後は風切り音がするですかね、輸入車に乗る方は飛ばし屋が多い?

僕もスッキリした見た目の方が良いので装着していませんでした・・・・が、今回の BMW X2 をしばらく乗って思った事は

・雨が降ると、雨水がジャンジャン室内に入ってくるので、ちょっとも窓を開けられない

・ウインドウォッシャーを利用してワイパーを動かすとウォッシャー液が室内に入ってくる

今まで、こんなに雨が嫌だなぁ~なんて思った事なかったのですが・・・一代前のE91はどうだったの?

E91の時は気にならなかったですし、窓もちょっと開けてました、今思うとE91にはドアを開けるとボディ側にモールがついてまして、そのモールが薄い雨戸井のような感じになってたんです、フロントドアからリアクォーターパネルに雨水が流れていってたんです、それにE91はステーションワゴンタイプなのでルーフレールも付いていたのでルーフの雨水が後ろに流れていったんでしょう

今回のX2は・・・なんも付いてません・・・

雨降った日のカーブはたまりませんね、ビチャビチャです、ルーフの水が全部入ってきます

そこで20年ぶりのドアバイザーを装着しようと決意しました

ジャーーーン

おおおおおおーーーーーこれは、意外にスマートで悪くないですね

フロント

リア

結構分厚い樹脂製でしっかりした作りになってます、見えにくいですがBMWのロゴも入ってます。

取付はディーラーでお願いして取付工賃込みで

¥44,154円 (部品代10%OFF)

・・・・バイザーって、こんなに高価でしたっけ???

まぁまぁ・・・・

これで雨の日も安心して換気ができます。

・・・・が

問題がもう一つ

雨の日のドアです。

雨の日に停車している車に乗り込もうと、ドアを開けると振動でルーフの雨水が滑り落ちてきて、なんとシートの右側に全部落ちます、ビチョビチョですよ、乗る前にある程度車を揺らして雨水を落とすか、手で拭わないとビチャビチャ地獄になります、そんな事ある?www、今まではやっぱなかったんですよね、あのモールのおかげだったんですね、そんな大事なパーツなら付けといてよ~って思う今日この頃です

↓コレコレ


ハイっ!

関連記事

-

Copyright© G-specification , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.