Audi アウディ R8 フルモデルチェンジ かっこいい!

更新日:

アウディのフラッグシップスポーツカー

R8が9年ぶりのフルモデルチェンジ

2代目になります

1代目のR8は

映画の『アイアンマン』の主人公

トニー・スタークさんが乗ってます

カッコイイですよね

結構、僕は好きです

まぁ毎度の事ながら

とても買える金額じゃありません

命懸けで買った僕のマンションの

住宅ローンの残債くらいしますw

どんなスペックだとこんなに高けーんだよ

見てみましょう

まず2種類発売するみたいです

・Audi R8 V10 Coupe 5.2 FSI quattro

・Audi R8 V10 plus Coupe 5.2 FSI quattro

plusって付いてますネ

アクセサリーがプラスされてるんでしょうか?

エンジン

Audi史上最強のエンジン

5.2リッターV10 FSI

FSIとは簡単に言うと

直噴エンジンですね

直接燃焼室に燃料を吹き付け

無駄なく燃焼させると言うものらしいです

気になる馬力は

540ps/8,250rpm

トルクは

55.1kgm/6,500rpm

0-100km/hは3.5秒

そしてplusの方は

610ps/8,250rpm

57.1kgm/6,500rpm

0-100km/hは3.2秒!

最高速度330km/h

なんと出力が違うんですね

しかしまぁ凄まじいスペックです

610psってアクセル踏めるんですかね?

パワートレイン

Audiと言えばquattro(クワトロ)

Audi独自のフルタイム4WDシステムの事ですね

R8の強烈なパワーを効率的に路面に伝えます

荒れた路面や雨などの悪天候でも

ドライバーは安心して運転できるんですね

トランスミッションは

7速Sトロニックデュアルクラッチトランスミッション

インターフェイス

↑この画像はR8じゃありません

写真を見てもらうとわかるんですが

なんとメーターの中にナビが映ちゃってます

なんて未来なんでしょう

他にも車の状態などが見れます

ヘッドライト

もちろんLEDヘッドライトなんですが

更に凄いレーザーライトビーム!

歩行者に当たったら怪我しないですかね

大丈夫です

60km以上になると作動して

従来の2倍先まで照らしてくれるらしいです

なんて未来なんでしょう

plusは標準装備らしいです

サスペンション

Audiマグネティックライド

ダンパーの中にオイルが入っているんですが

そのオイルに磁性体が混ざっていて

電流によって減衰特性を自在に

変化できるヤーツです

「オート」「コンフォート」

「ダイナミック」「インディビジュアル」

の設定をボタンひとつ選択できます

更にplusでは

「ドライ」「ウェット」「スノー」

が選択可能

ボディフレーム

アルミニウムとカーボンファイバー素材

によるハイブリッドなスペースフレーム構造

なんだか未来ですねー

主要諸元

全長   4,426mm

全幅   1,940mm

全高   1,240mm

車両重量 1,630~1,670kg

総排気量 5,204cc

ハンドル位置 左/右

価格

さぁ~来ました

僕のマンションの残債です

あっ違うかw

車体価格です

R8           ¥24,560,000

R8plus    ¥29,060,000

価格差¥4,500,000!

庶民の高級車一台買えますね

他にも各所カーボン化や

ホイール、ブレーキ、インテリア

が違うみたいです

発売日は2016年7月上旬みたいです

買うかな

ナンツッテ

ハイっ!

関連記事

-

Copyright© G-specification , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.